TOPICS

  • 資産家消えて国滅びる!所得税75%ならあなたはどう行動する?? - 所得税75%はありえないでしょう。。 誰だって出て行きたくなりますよ、ジャン・マルク・エロー首相! フランスは来年より100万ユーロ以上の所得者に対し75%の所得税がかかるのだとか。 有名俳優のジェラード・ドバリュデュー氏をはじめ、あらゆる資産家がフランス国籍を捨て、他国へ移住することが予想されます。移...
    5 年前
  • 高齢による「脳の退化」と「色気」の関係・・ - 40代以降の女性でも、魅力的な人はたくさんいると思いますが、「男性が考える魅力」と「人間としての魅力」には、どうも差があるように思えます。 女性セブンが伝えるところによりますと、「40代以降の女性が恋をするのに必要な要素」として「色気」が重要であると伝えています。 30代男性で54% 40代男性で65% ...
    6 年前
  • スティーブン ジョブスさん - スティーブン ジョブスさんがお亡くなりになりましたね。私は典型的なアナログ人間ですが、それでもジョブスさんが偉大な方であったことを 感じます。 コンピューターを家電にした人、ライフスタイルを変えた人、世界有数の企業のトップであり創業者、ソフトバンクの孫さんは「現在のレオナルド ダ ビンチだ」ともおっしゃって...
    6 年前

参考になる書籍

2010/09/08

本当にあったお見合い話 

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ
お見合いが決まり、待合せの会場に到着。
いざ、「何を話したらいいのだろう??」と不安になることはあります。
「こういう話をしなさい」という細かい指示を頂ける相談所もありますが、ここでは「絶対に聞いてはいけないケース」について少し。

実際にあったお話です。
50代の男性、40代半ばの女性がお見合いをしたときのお話です。
50代男性は大手企業で人事部長として活躍されており、女性は小学生のお子さんがおり離婚を経験されていた方でした。

挨拶もそうそうに男性が切り出します。
「どうして、離婚されたんですか?」

・・・。

一瞬、沈黙があったのち会話は瞬く間にトーンダウン。
相手の女性も同席した仲人の方も苦笑いされていたそうです。

男性は仕事での振る舞いが思わず出てしまったのかもしれません。

お見合いはお互い貴重な時間と少々の費用が必要な行為です。

できることなら、有意義なお話合いができ書類や写真では分からない相手を良さを見つけたいものです。

「お時間頂けてありがとうございます」
こんな一言でも笑顔で言われるとグッとふたりの距離が縮まるはずです。


皆様の一票が励みになります!
人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の人